リフォーム・リノベーションを行うとどのくらい家賃アップが可能なのか!

前日リノベーションを行ったけど入居が決まらないという相談をオーナー様から受けました。

何故決まらないのか。

どんなリノベーションをしたのか。

色々気になる点があったので実際部屋を確認しに行きました。

1年空室という事で「臭いニオイするのではないか」「ほこりがあるのかな」「虫が死んでるのかな」等いろいろ想定し現場調査しました。

お部屋に入ると1年空室とは思えないくらい綺麗で、工事も悪くありません。

200万という事でフルリノベーションとはいきませんがそれなりにお部屋は問題ないと感じました。

実際家賃を調べてみると相場から20%近く高い。

決まらない理由は上げすぎた家賃でした。

「200万も投資したんだから家賃そのくらいは上げないと!」

・・・

オーナー様の気持ちも十分わかりますが、いくらリノベーションしたからといっても限度はあります。

リノベーションしてどのくらい家賃アップが可能かは、「工事内容」「現募集賃料」によって大きく変わります。

現募集賃料が高ければ家賃は上がらずキープするのが精一杯の時もあります。

我々リノベーション提案する営業マンとしては、リフォーム・リノベーションを行いどのくらい家賃が取れるのかしっかり提案した上で工事を請け負う事が大切だと私は考えます。

説明と調査を怠ると不満足になり二度と工事依頼が来なくなります。

 

定額制リフォーム「イメチェン」

「イメチェン」概要説明

メルマガ

業界未経験から入社2年目に1億のリノベーションを受注した営業マンのリノベで稼ぐ仕事術メール講座

 

リノベーション事例

リノベーション事例

PAGE TOP